>  > 超小型車VS屋根付き3輪バイク

超小型車VS屋根付き3輪バイク

スポンサードリンク

超小型車VSミニカーの訪問者が多かったため、今回は「超小型車」と「屋根付きの3輪バイク」を比較し、どちらが優れているのか、解説します。

写真と動画で比較

超小型車と屋根付き3輪バイクを写真と動画で紹介します。

まずは超小型車。2015年頃に販売予定の日産の2人乗り超小型車「日産ニューモビリティ」はこんな感じです。(下の写真)

NISSAN New Mobility Concept
(出典:日産「日産ニューモビリティコンセプト」

一方、Adivaが販売予定の125CCクラスの屋根付き3輪バイク(前方2輪+後方1輪)「AD tre」はこんな感じです。

AdivaADtre
(出典:Adiva Japan「ADtre」

どちらも側面がありません。そのため、暴風雨の時は運転者がびしょ濡れになります。違いは、超小型車が電気自動車、ミニカーがガソリン車です。

超小型車とは、環境に良い1~2人乗りのコンパクト車

超小型車とは、国土交通省の定義によれば、「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる1人~2人乗り程度の車両」です。

(税金面で優遇される)超小型車の法案はまだ成立していません。しかし、毎年多額の政治献金を出している自動車業界が、政府に認可するように圧力をかけています。2015年~2016年度までに市販化を目指して、日本の各自動車メーカーは走行実験などを行なっています。

フランスやドイツ、イタリアなど10カ国以上では1~2人乗り電気自動車が既に販売されており、日本でも日産やホンダから販売されるでしょう。

超小型車の法案が通れば、こんな特徴があります。

  1. 1~2人乗り
  2. 電気自動車
  3. 大きさは軽自動車より一回り小さい
  4. 排気量125cc以下、定格出力8kW以下
  5. 最高時速80キロ
  6. 公道は走行できるが、高速道路は走行できない
  7. 車検不要

超小型車は電気自動車のため、形が自由な自動車を作ることができます。そのため、以下の動画の様な重心を傾けて走行できる自動車の開発に成功しています。

上の動画は日産の「ランドグライダー」です。2009年10月、東京モーターショーで発表したコンセプトカーですが、市販化や量産化はされていません。

ミニカーと超小型車を徹底比較

超小型車と屋根付き3輪バイクを比べた結果を表にしました。

=メリット

【超小型車と屋根付き3輪バイクを比較】
超小型車
(推定)
屋根付き3輪バイク
(125CCクラスのもの)
排気量 125cc以下 125cc以下
最高出力 15kW程度 15kW程度
全長 3.4m以下 2.5m以下
全幅 1.48m以下 1.3m以下
乗車定員 1~2人 1~2人
最大積載量 小口配送程度
(推定30~100kg)
60kg
シートベルト 必要
(時速30キロ以上)
不要
車庫証明
車検
不要 不要
原動力 電気 ガソリン
最高速度 時速60~80km 時速80km
1充電(給油)走行距離 50~100km 300km
(6L×50km/L)
1充電(給油)時間 急速:数十分
通常:数時間
数分
1キロあたりの走行コスト 約2.4円 約3.2円
(1Lあたり160円で計算)
保険代 推定年6万円 年5万円
価格 約70万円 約50万円

(「超小型車」と「50CCクラス3輪バイク」の比較は超小型車VSミニカーへ)

超小型車と3輪バイク、どちらが良いか?・・・3輪バイクの勝ち

実際に使うとなると、維持費や走行距離が問題となります。超小型車は屋根付き3輪バイクに比べて維持費は同じくらいですが、走行距離が非常に短いため、一般向けの用途には使えません。

一方、環境の視点から見ると、超小型車は走行中に排気量が出ないため、地球にやさしい乗り物です。

しかし、総合的に見ると、3輪バイクに軍配が上がります。

将来は充電池の価格が急激に下がり、超小型車に軍配

現時点で、電気自動車の欠点のほとんどは、充電池が原因です。大手メーカーの電気自動車の充電池はリチウムイオンが使われ、日産「リーフ」の場合、自動車本体価格の半分を占める、と言われています。

現在のリチウムイオン電池は価格が高いですが、生産量に比例して価格が急激に下がります。

下の表は NEDOのロードマップに基づくEV用途のリチウムイオンの開発目標です。

【NEDOのロードマップ】
現状 2015年頃 2020年頃 2030年頃
リチウム電池のコスト 10~20万円/kWh 3万円/kWh 2万円/kWh 1万円/kWh
寿命 5~8年 8~10年 10~15年 10~15年

充電池の価格低下が、電気自動車普及の鍵です。将来、充電池の価格が下がれば走行距離が長くなり、超小型車に軍配が上がるでしょう。

スポンサードリンク