>  > 行き過ぎた恋愛妄想は病気であり、孤独が原因

行き過ぎた恋愛妄想は病気であり、孤独が原因

広告

オタクの中にはアイドルに恋愛感情を抱いて妄想を膨らませ、ストーカーになる人が後を絶ちませんが、このような行き過ぎた妄想はどこから生まれるのでしょうか?精神科医の分析から、妄想の原因や解決策を紹介します。

妄想は強い孤独感のなかから生まれてくる

オタクの中にはアイドルや声優と付き合うことを夢見てストーカーをしたり、ゲームのキャラクターに恋をして結婚式を挙げる人が実際にいます。

このようなオタクの行き過ぎた妄想はどこから生まれるのでしょうか?

精神科医・片田珠美氏の著書「孤独病」では、妄想の原因について次のように紹介しています。

 妄想と孤独には密接な関係がある。妄想は得てして強い孤独感のなかから生まれてくるからだ。

 強い妄想を抱いている人にとって、現実は基本的に思うようにいかない不都合なものである。その状態を何とかしたい。自分のみじめな現状をひっくり返すようなことをしないと生きていけない……。そこで生まれてくるのが妄想なのだ。つまり妄想とは、自己愛を満たしてくれるような世界を、自分の思うまま投影してつくり上げたものなのである。

(出典:片田珠美・著「孤独病」)

つまり、妄想の原因は孤独によるものです。

一方、片田氏によれば、妄想することで精神的に安定な状態をつくり出すことができるため、良い面もあります。

治療は困難だが、解決策はある

孤独を解消するためとは言え、心の通じ合う友達をつくることは難しく、また脳の障害や精神病による症状により強い妄想が生まれる場合もあるため、やはり治療は困難です。

一方、神や守護霊を信じ、常に自分が愛されていることを自覚している人は孤独を解消できます。

私は臨死体験について学ぶことで神や守護霊を科学的に知ることができましたが、臨死体験を学ぶことで行き過ぎた妄想を取り払う解決策になると思います。