テレビを批判するのにテレビに出演しまくるのは裏切り者の証

広告

普段から多くのテレビに出演する一方で、テレビを批判している者は、仲間を裏切る者の典型例です。

自身の暴行事件をメディアの陰謀にする三橋貴明

作家で経済評論家の三橋貴明氏は、10代の妻へ暴行した容疑で逮捕されました。

逮捕された時の状況について、ブログで以下のようにコメントしています。

「例の質問攻め」に会い、基本的に無視していたのですが、あまりにもしつこいので、最後に、
マスコミの連中にこれだけ言ってやる! くそくらえ!
 と、中指を立てて追い払いました。

(出典:三橋貴明オフィシャルブログ「お詫びと腑に落ちない件について」

さらにブログでは今回の暴行事件についてメディアの報道を批判し、今回の事件をメディアの陰謀にして、身の潔白を訴えています。

普段は多くのメディアに出演しておきながら、都合が悪くなるとメディアを批判しており、仲間を裏切る者の典型例です。

用がなくなれば仲間を見捨てる青山繁晴

下の動画は、国会で森友学園の元理事長・籠池泰典氏の証人喚問をしている最中に、自民党の青山繁晴氏を映した映像ですが、常に不自然な姿勢を取っています。

青山氏は、「籠池氏に会ったことがない」や「今回の事件で初めて森友学園を知った」といったことを述べていますが、数年前に握手をしている写真や、森友学園を応援している動画が公開されおり、ウソがバレるのを恐れて不自然な姿勢をしているのでしょう。

これは、籠池氏を使えるうちは使っており、用がなくなれば見捨てるといった、裏切り行為です。

さらに青山氏は、普段から多くのテレビに出演する一方で、テレビを批判しており、仲間を裏切る者の典型例です。