震災時にデマ情報を平気で流すサイトを調べてみた

広告

西日本豪雨の際、震災を利用してデマ情報を流すフェイクニュースサイトを見つけました。そこで、そのサイトの特徴と、正しい情報を入手する方法を紹介します。

震災時に自衛隊の反対運動をするわけがない

2018年7月に起きた西日本豪雨により、各地で断水や停電が起き、私も被災しました。

ツイッターで地元の被災情報を集める中、「自衛隊員が不眠不休で人命救助、災害復旧で必死に活動。プロ市民達は防衛省前で反自衛隊デモ」というツイートが2,000件近くリツイートされ、拡散されていました。
フェイクニュース

しかし画像をよく見ると、自衛隊の反対運動ではなく、安倍政権や集団的自衛権を反対するデモです。

そこで、このツイートの出典元である「Share News Japan」というサイトを見ると、ニュースに対するネットの反応を載せて毎日大量に記事を書いている、いかにもネトウヨ受けしそうなサイトでした。

さらに調べると、しがない学生の雑記「麻生元総理の発言をあっさり捏造するシェアニュースジャパンというWebメディアについて」で紹介していますが、過去にもデタラメな情報を流しており、やはりフェイクニュースサイトであことがわかりました。

正しい情報を入手するには

誰が一番得するかを考えれば、黒幕が見えてきますが、Share News Japanが載せている記事を見ると、今の安倍政権に有利な情報を取り上げる一方で、それに反対する人や団体には批判的な内容ばかりです。

ということは、黒幕は、やはり自民党の関連団体でしょうか。

真相は不明ですが、震災時の混乱した状況の中で、デマ情報を流して一部の団体を弾圧しようとする姿勢から、どれだけ汚い集団かが想像できます。

このような情報にダマされないためにも、記事「ネットで正しい情報を簡単に入手する方法」で書きましたが、正しい情報を入手するには、信頼できる人から情報を聞き出すことが重要です。