ハイパーインフレが来れば、奨学金はチャラになる

広告

財政破綻やハイパーインフレを利用して、奨学金の返済を実質チャラにする方法を紹介します。

物価の急上昇により借金は実質ゼロになる

このサイトでは日本が財政破綻やハイパーインフレに陥った場合、どのようなことが起こるのか、そしてどのような対策をすれば良いのか、といったことを紹介していきました。

そこで今回は、「奨学金」について紹介します。

まず、ハイパーインフレが起こった場合は、物価が大きく上昇するため、お金の価値が大きく下がります。また、財政破綻が起きた場合も同様に、日本のように国内債務が多い場合はハイパーインフレが起きて物価が大きく上昇します。

結果、貯金や借金の価値はゼロに近づきます。例えば、ハイパーインフレによって物価が100倍になれば、500万円の貯金は5万円の価値に下がる一方、500万円の借金も5万円の借金の価値に下がります。

つまり、数働かないと返せなかった借金が、ハイパーインフレによって、数働けば返せる額へと変化するのです。

奨学金も同様に、日本円建ての借金なので、ハイパーインフレが起きた場合、実質の返済額は大きく下がります。

よって、このような物価の急上昇を利用することで、奨学金の返済を実質チャラに(免除)できるのです。

物価の急上昇を利用した返済方法

現在奨学金を払っていらっている方で、返せない方は、できるだけ返済期限を延ばしてください。

奨学金を管理する団体に相談をすると、月々の返済額を減らして、返済期限を延ばす仕組みに変更できます。

これにより、「ブラックリストの登録」や「資産の差し押さえ」を回避しつつ、奨学金をチャラにする用意が整います。

いつハイパーインフレが起きるのかわからない

ただし、一番大きな問題は、いつハイパーインフレが起きるのかが、わからないことです。

財政破綻に詳しい専門家は、ハイパーインフレが数年以内に日本へ到来すること予想していますが、明日来るのか、それとも3年後にやって来るかは誰にもわかりません。