NHK受信料は5年間不払いを続ければチャラに

広告

NHK受信料は、契約して5年間不払いを続ければ、5年を超えた分は1円も払わずに済みます。

最高裁で判決!不払いは10年から5年へ短縮

このサイトでは「NHK受信料は、契約して10年間不払いを続ければ、10年間を超えた分は1円も払わずに済みます。」と言い続けてきましたが、最高裁で「NHK受信料の未払い分の請求は5年で時効」と言う判決が確定しました。

つまり、今後は「NHK受信料は、契約して5年間不払いを続ければ、5年を超えた分は1円も払わずに済む」と言うことです。

10万円滞納しようと、20万円滞納しようと、不払いを始めてから5年間裁判をかけられなければ、最大でも5年分の請求しかされません。

注意事項

下の動画で立花孝志氏が紹介されていますが、大きな注意点は以下の3点です。

  1. 未契約の方は対象外
  2. 一度でも支払うと、時効は延びる
  3. NHKと話してはならない

未契約の方は対象外

未契約の方は、「NHK受信料の未払い分の請求は5年で時効」の対象外です。対象は不払いの方だけです。

一度でも支払うと、時効は延びる

NHK受信料を不払い中、一度でも払ってしまうと、その支払った日から時効は5年延びてしまいます。

NHKと話してはならない

NHKからの電話やNHKの集金人に、「お金がないから払えない」「みんなが払えば私も払う」「分割なら払う」という言葉を使ってはいけません。

時効が延長してしまいます。

よって、NHKと話さずに無視することが一番いい方法です。