【森友学園】酒井康生弁護士の命が本格的に危うくなってきた

広告

森友事件をめぐって関係者が次々に亡くなっていく中、事件の重要人物である酒井康生弁護士が、国会招致と証人喚問を要求されています。酒井弁護士が国会で本当のことをしゃべると多くの逮捕者が出ますが、その前に・・。

本当のことをしゃべると多くの関係者が逮捕される

記事「【森友学園】次の犠牲者は酒井康生弁護士か」では、森友事件をめぐって関係者が次々に亡くなっていく中、次に犠牲となるのは森友学園の元顧問弁護士である酒井康生氏だと紹介しました。

なぜなら、酒井弁護士が本当のことをしゃべると、つまり国有地にゴミがないことや、維新の会の関係者が事件に関わっていることが明らかになれば、多くの関係者が逮捕されるからです。

一方、酒井弁護士ひとりの責任に押し付ければ、酒井弁護士以外は、誰も逮捕されずに済みます。

つまり、酒井弁護士がひとりでゴミの業者と交渉し、勝手に8億円値引いて、大阪府に虚偽の申告をしていたとすればいいのです。

例えば財務省の自殺した職員が、決裁文章をひとりで改ざんしたことになっていますが、本当にその職員が行ったかは不明です。

しかし、その職員が一人で行ったことにすることで、公文書改ざんという重大な犯罪が起きても、財務省や自民党の関係者は誰も逮捕されずに済みました。

したがって、酒井弁護士も財務省の職員と同じ運命をたどるかもしれません。

とうとう国会招致・証人喚問を要求される

大手メディアは、森友事件の重要人物である酒井弁護士についてほとんど取り上げていませんでした。

しかし、立憲民主党や希望の党などが、酒井弁護士の国会招致そして証人喚問を要求しており、今後は大手メディアも注目していくかもしれません。